PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENTS
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
【is group】

あいえす☆すたっふ

自動車専門のあいえす
国産車はもちろん!輸入車・外車もお任せ!
そんな あいえす のスタッフ一同です☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
0
    あなたのが明日への活力になりますご協力お願いいたします

    拍手する ブログランキング・にほんブログ村へ
    2010年フェラーリ599GTBに「KERS」導入!
    もうご存じの方も多いかと思いますが、 
    遂に、「599GTBフィオラノ」でハイブリッド仕様が発売されることが正式に発表に成りました。
    勿論、フェラーリ初でも有り、一般的な市販車のスーパーカーとしても初のハイブリッド車!
    いわゆる昨年のF1マシンに付いていた「カーズ「(KERS)」の搭載とのこと。

    フェラーリ  フェラーリ  フェラーリ

      以下、発表の記事の内容を記載致しますと、
     フェラーリ599GTBとは、6.0リットルV型12気筒(620ps、62kgm)をフロントに積む、
    0‐100km/h加速3.7秒、最高速330km/hとフェラーリの頂点にふさわしい性能の車で有る。
    フェラーリはこの599をベースに、ハイブリッド仕様を開発。
     システムの内容は、2009年、F1マシン『F60』に「KERS」(キネティック・エナジー・リカバリー・
    システム)を搭載。この回生ブレーキが、599のハイブリッドにも応用される見込み。
     エンジンが後輪、モーターが前輪を駆動する4WDと成り、モーター単独での走行が可能で、
    アイドリングストップも装備。気になる燃費は、最大30%の向上との噂だ。

    ん〜?しかし、燃費30%の向上と言っても、もともとがリッター4〜6kmと言われている車ですので、
    ハイブリッドに成っても、リッター5〜8kmぐらい?でしょうから、燃費としての期待は駄目ですよ!
    それよりは、スポーツとしての運動性能に、どれだけプラスの要因が働くのかが注目です。

    もともとこのF599は、ブレーキに対してはカーボンディスクの標準採用や、
    エンジンサウンドがV12エンジンによって最高の演出がされており、吹け上がりも可成り良い。
    さらに約5000回転を越えてくると、ハンドルの上部が赤く点滅して、シフトアップの時期が
    近づいていることを知らせてくれるなど、まさしく町中を走るF1なのです!
    そしてここに、カーズ(KERS)が搭載と成ると、凄いの一言に成りますね。
    早く試乗がして見たい!と、甘い考えを持っている私でした。

    ちなみに今年からフェラーリのホームページが日本語対応に成りました。
    凄く凝った内容で、今は2010年モデルのF1の発表記事等も掲載されています。
    http://www.ferrari.com/Japanese/Pages/Home.aspx



    そういえばポルシェも、
    「パナメーラ」のハイブリッドモデルを2010年までに市場導入と発表が有りましたね。
    こちらはリッター11.1kmだそうです。燃費良すぎです!
    こちらのハイブリッドシステムは、後ろのトランクにバッテリーユニットとコンピューター、
    ハイブリッドモジュール(セカンドクラッチ&電気モーター)はエンジンとトランスミッションの間で、
    走行条件に応じてエンジンと電気モーターを切り替える、もしくは同時に使用するというものらしい。
    これによって電気モーターのみの走行から、スポーツ走行を楽しむことが出来るとの事。


    今回、ポルシェ、フェラーリ、と来ましたので、次はランボルギーニのニュースが楽しみでね!
    それではそろそろ失礼します。   カーアドバイザーの岡本でした。

    | 最新技術のあれこれ! | 14:57 | comments(29) | trackbacks(0) | - |
    0
      あなたのが明日への活力になりますご協力お願いいたします

      拍手する ブログランキング・にほんブログ村へ
      なんだ?この魚のキャラは!
      こんばんは!寒いのが苦手なカーアドバイザーの岡本です。
      本日も私の独り言にお付き合い頂ければと思い、カキコ!カキコ!

      さて今日は、韓国のヒュンダイが日本から完全撤退と言うニュースが出て驚きですね。
      また一つ日本からカーディーラーが無くなると思うと寂しい限りです。
      しかし韓国と言う国は、まだまだこれからだという事を、私は恐れて成りません。
      2011年にはF1グランプリの開催も予定に上がっているうえに、
      タイヤメーカーのハンコックがBSに代わってF1のタイヤメーカーに成る事も有り得ます。

      で話が代わって、今日の本題はこれです!

      実はこれ、メルセデスベンツのサイトで見つけました。
      これって車に関係有るの?と不思議に思った次第です。
      皆さん、この写真を何だと思いますか?

      実はこれ、バイオニックカー「生体工学を応用した理想のボディーシェル」と言う物らしいです。
      サイトでは、自動車におけるボディシェルの理想を、生体工学の見地から追求したとの事。
      簡単に言うと、車両の空気抵抗を減らすために海の中の生物を研究したみたいです。
      で理想の形状を見つけたのが、熱帯の珊瑚礁に生息するハコフグ(上の写真)だそうで、
      この形を元にミニバンを作って見た所、空気抵抗係数はわずか0.19で、
      同クラスにおいて世界最高となるCd値をもつ車が生まれたそうです。
      未来の車を追求する上で、陸ではなく水中に目を向けたとは、恐るべきメルセデスベンツ!
      紹介映像では水中のクレイモデルをダイバーが研究しているのには驚きです。

      また、それ以上に今度はハコフグの表皮の軽量かつ強固な点や、魚体構造から
      車の車体(モノコック)に活かせる、コンセプトが発見され、
      これにより3分の1の軽さと丈夫な車体が生まれたとの事。

      航空機は鳥類をヒントにと言うのは誰でも思い付くが、
      まさか魚から車のヒントを得るとは、メルセデスベンツの研究者たちには脱帽ですね。
      なんか今後もメルセデスには期待をさせられてしまいます。

      もし興味を持った方は下記のアドレスに動画で説明されていますので、見てみてね!
      それでは今日はこの辺で失礼します。
      来月のクリスマスプレゼントに悩んでいる岡本でした。

      http://special.mercedes-benz.co.jp/BLUE/future/index.html
      | 最新技術のあれこれ! | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        あなたのが明日への活力になりますご協力お願いいたします

        拍手する ブログランキング・にほんブログ村へ


        COUNTER

        現在の閲覧者数:
        あいえす☆Facebook
        あいえすもFacebookに登録しました。
        皆様の「いいね!」お待ちしております。
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        SPONSORED LINKS
        OTHERS